手汗 止める 方法 対策

制汗剤の正しい選び方

制汗剤の正しい選び方

手汗対策には様々な方法が存在しています。
が、物理的な手段としては制汗剤での対策が有効になります。

 

制汗剤とは、手汗を抑制させる薬剤であり、色々なタイプがあるので
用途より、自分に合ったものを選ぶことが大切ですね。

 

 

制汗剤の選び方

一言で制汗剤といっても、色々な種類が販売されています。
基本的には汗を抑制してくれる成分と汗のニオイの原因である、
雑菌増加防止の殺菌・抗菌成分が含まれています。
成分表示を確認し、強力な制汗成分が含まれている物を選ぶのが良いでしょう。

 

例えば、塩化アルミニウムが入っている制汗剤が良いと言えます。
汗腺を閉じて汗を抑える効果がある塩化アルミニウムは、多汗症のための薬品として、
皮膚科などでも使用されています。

 

ただし、注意するべき点があります。
皮膚が比較的厚い手の平だと問題ありませんが、脇の下などの肌が弱い部分に使用すると、
肌荒れ、かぶれなどを起こしてしまうことがあるのです。

 

 

制汗剤の殺菌・抗菌成分に関しての注意点

殺菌・抗菌効果は無くてよいといえます。
手汗の場合では、ニオイという点はあまり気にならないですよね。
協力な殺菌・抗菌成分は長い期間継続的に使っていると、
皮膚の湿疹・かぶれや色素沈着などが起きることがあるのです。
必要のない、リスクがありそうな成分は出来るだけ避けたいです。

 

 

制汗剤の様々な種類

制汗剤には色々なタイプのものがあります。

 

・パウダー
・ローション
・クリーム
・スプレー

 

スプレー式だと便利で使用が簡単ですが、直接皮膚に塗布するタイプの方が、
持続性は良いようです。

 

制汗剤使用で、手の平がベタベタしてしまうという方は、
パウダーを使用するのが良いでしょう。
寝る時にだけ塗布する、手汗専用制汗剤というのもあります。

 

 

制汗剤使用時の注意点

短時間、局所的な使用をおススメします。
制汗剤が汗を抑制できるのは、汗腺の導管を閉じることによるものです。
皮膚を広い範囲で、汗腺を長時間閉じたままというのは、身体に
悪影響を与えてしまうのです。

 

帰宅後は、洗い落とすなど、制汗剤の使用を出来るだけ最小限に
抑えることが大切です。
手の汗 改善