手汗 止める 方法 対策

手掌多汗症治療に関して

手掌多汗症治療に関して

手掌多汗症だという診断を受けるほど、手汗が多く出る方は
多汗症治療として、手術以外の方法で出来ることを考えていきます。

 

どの方法を試みても効果が感じられない時に、手術を視野にいれます。
手術という手段は最終手段ということを頭にいれておくべきです。

 

 

手術以外の手掌多汗症治療

多汗症の治療法としては下記の手法があります。

 

・心身両方の一種自立訓練
・精神安定剤を取り入れる
・イオントフォレーシス
・薬物療法

 

イオントフォレーシス、薬物療法だと、一旦改善したように見えるものの、
100%多汗症が治療出来たとはいきません。

 

多汗症の起因は交感神経の機能異常なのです。
そのため、交感神経自体をストップさせなければ治癒とはいかないのです。

 

 

多汗症における内視鏡手術は

多汗症を100%治せるのは内視鏡手術で、別名ETS手術と呼ばれています。
肌に小さな傷をつけて、そこへカメラ付きの細い管を通します。
モニターで確認しながらの手術となります。

 

交感神経は左右両方にあるため、この両方を切らなければいけません。
といっても、手術にかかる時間は両方行って10分程度となります。

 

ただし、この手術は健康保険が適応対象となっています。

 

 

 

内視鏡手術後の副作用は

内視鏡手術を行って、手汗は100%治療できます。
しかしながら、副作用として多くの人が顔・首に熱を感じるのだそうです。

 

他にも手術後、太もも、銅や胸といった場所の発汗が増えてしまったという人も
少なくないようです。
これは、「代償性発汗」という副作用になります。

 

手の平の乾燥がひどくなり、保湿クリームなどが手放せないという方も
多いようです。
ひどい場合には、冬場になるとひび割れまで発症してしまう方もいるそう。

 

 

それでも、手術した方のうち、半分以上の方が手術を行ったことに
満足しているのだそうです。