手汗 止める 方法 対策

手汗は遺伝してしまうのか?

手汗は遺伝してしまうのか?

多汗症(=発汗量が異常に多い症状)は遺伝しません。

 

ただし親子ならば、生活習慣が受け継がれる事が多いはずです。
そうなれば、汗をかきやすい体質も遺伝してしまう事でしょう。

 

多因子が組み合わさって多汗症に陥る事も

親から子供へと因子が継承されます。
そして多因子が組み合わさる事で、多汗症も継承してしまうケースがあるようです。

 

冒頭で述べた通り、多汗症がダイレクトに遺伝する事はあり得ませんが、
手汗が出やすい因子は、親と子供でどうしても似てしまいます。
ですから、親が多汗症だと子供も多汗症に陥りやすくなります。

 

結局は生活習慣によるところが大きいです

同じ家で生活して、親の裁量で育てるのですから、
やはり親の生活習慣が、そのまま子供の生活習慣になる事が多いです。

 

ストレスが溜まりやすい習慣や偏った食習慣等は、
親か子供のどちらかではなく、共通している事の方が多いです。

 

ですから、子供の手汗が出過ぎているようであれば、
まずはお子さんがストレスを溜めていないかを考えてみましょう。
親の裁量によるしつけが、意外とストレスになっている可能性もあります。

 

そしてストレスが蓄積されれば、自律神経が崩れて、手汗が多くなってしまいます。

 

また、親が脂肪分の多いメニューや香辛料の多いメニューを好むのであれば、
当然子供にもそれを食べさせることになるでしょうから、
そのような手汗が出やすくなる食習慣も見直していきましょう。

 

つまり親から子供へと「手汗そのもの」は継承されないものの、
「手汗になりやすい習慣、体質」は継承されやすいという事が言えますね。
脇汗 抑制